ミイのADHDとASD奮闘記

ADHDとASDの診断を受け、休職と復職をし、健常者と共に生きる決意をしたミイのブログ

おさぼりしていました、大人のの発達障害者のミイです。

ADHDの薬について話しますね。

薬について話す前に、ミイの個人的意見を言うにゃー。

本当に薬を飲む必要性がありますか。
本当に薬に頼らないとだめですか。
本当に薬以外の策は無いのですか。

f:id:MiiBlueKnight:20170524142749j:plain

続きを読む

お久しぶりです、大人のの発達障害者のミイです。

3つの特性の長所について話しますね。

前回も書きましたが、ASDは大きく3種類の特性に分かれます。
社会性の特性、コミュニケーションの特性、想像力・こだわりの特性の3つです。
それらの長所は以下になります。

1.社会性の特性
 -ルールをきちんと守ることにより、誠実な人と思われる

2.コミュニケーションの特性
 -人に対して、優しく接する
  
3.想像力・こだわりの特性
 -写真記憶能力があるので、単純作業が得意
 -関心のあることに対して集中力がある
 -独特のデザイン性がある

参考「最新版 よくわかる 大人のアスペルガー」 著者 梅永雄二

以上のような長所があります。

しかし、こだわりやコミュニケーション下手などの欠点が目立ちます。

次回は、ADHDの薬について」です。
ASDに触れていましたが、ADHDの薬について気になる方が多いと思うのにゃー。
実際服薬したor服薬中のミイが語るのにゃー。

どんなに辛くても私は大人の発達障害者を守ります。

こんにちは、大人のの発達障害者のミイです。

ASDの詳細について話しますね。

ASDは、自閉症スペクトラム障害のことです。

ASDは、自閉症アスペルガー症候群高機能自閉症を含んでいます。

ASDは大きく3種類の特性に分かれます。
社会性の特性、コミュニケーションの特性、想像力・こだわりの特性の3つです。

1.社会性の特性
 -1人でも寂しくない
 -ルールをきちんと守る
 -対人関係が苦手
 -相手の気持ちがわからない
 -周囲から浮く

2.コミュニケーションの特性
 -コミュニケーションがうまくとれない
 -話が回りくどい
 -相手にかまわずしゃべる(パワハラ問題を引き起こしやすいにゃー)
  
3.想像力・こだわりの特性
 -いつもと同じ秩序を保ちたい
 -図をみると一瞬でわかる(写真記憶とか言ったりするニャー)
 -関心のあることに集中できる
 -切り替えが下手
 -目で見えないものはわからない
 -興味や関心の範囲が狭い
 -こだわりがある

参考「最新版 よくわかる 大人のアスペルガー」 著者 梅永雄二

一般的な人からすると変人ですよね。(ミイを棚に上げておいてwww)

私はアスペルガー症候群なのにゃー。
だから、次回以降はアスペルガーとしての3つの特性を考えてみます。
次回は、「3つの特性の長所について」です。

どんなに辛くても私は大人の発達障害者を守ります。